妊娠中だけじゃない!!産後の母乳育児にも重要だった葉酸の栄養素!!

お腹の中の赤ちゃんを正常に形成してくれるのに、
とても重要な栄養素である!!と最近注目されている葉酸!
ついには厚生労働省まで葉酸の摂取を推奨しているようで、
妊娠初期の女性や将来妊娠を望んでいる女性には、
1日当たり、400ugの葉酸を摂取するように!と呼びかけています。

今までもこのブログで、散々、胎児の発育に重要な葉酸!!
という形で紹介してきたんですが、実はこの葉酸、
お腹の中の赤ちゃんを育てるためだけではなく、
お腹の外に出てきたあとの、母乳育児にまで重要な役割を果たしてくれるんです!!

既に母乳育児を経験されている方は知っているかと思いますが、
乳は血液からできているんですよね!「母乳って血液なの?!」
ってびっくりするかもしれませんが、もちろん赤い血を飲むわけではありませんでの大丈夫!

母乳の成分はママの血液から作られているんです!その為産後も母乳育児で頑張りたい!
どうしても生まれてくるわが子にはお乳を飲ませてあげたい!!と思っている人は、
妊娠初期から出産、そして産後まで、しっかり葉酸や鉄分をとっておく事が大事です!

母乳は血液から作られるわけですから、もちろんママの血液が不足している状態では、
なかなかいい母乳が出ていきません!
つまり貧血の状態ではなかなか母乳が出てこない可能性があるんです。

貧血というのは1度なってしまうと、なかなか回復するのには時間がかかるものです。
その為、貧血に気づいてから食事でなんとかしようと思っても、
貧血が完全に回復してくるまでには少なくとも1ヶ月はかかってしまいます!

妊娠がわかったときから、葉酸や鉄分を意識的に摂取していて、
貧血の状態になっていない方が、産後直後も母乳の出がよくなります!

前にもお話しましたが、葉酸は赤血球を作り出す手助けをしてくれ、
鉄分は葉酸が作ってくれた赤血球を体中に運んでくれる、ヘモグロビンを作ってくれます。
葉酸と鉄分はこの相互作用によって、私たちの体の血液の循環をよくしてくれています。

 

妊娠中のママの体調やお腹んお赤ちゃんの発達だけではなく、
お腹の外に出てきた赤ちゃんを育てるにも、ママの血液は重要な役割を果たします!!
妊娠期だけではなく、産後から授乳期にも、しっかりと葉酸&鉄分をとって、
楽しく母乳育児をしていきましょう!!

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る