妊娠初期の貧血は葉酸不足も原因の1つ!

 

さっきのブログでもお話しましたが、妊娠初期はママの体も不安定で、
赤ちゃんの臓器が作られる重要な時期!

そこで妊娠初期には葉酸パワーが、とても重要になってくる大切な時期なんですが!

妊娠初期には悪阻症状の他にも、急な動悸や息切れといった、貧血症状を訴える人も増えてきます。

妊婦さんにとって貧血というのは、本当につきもので、
妊娠初期から出産直前まで悩まされてしまう人っも多いんです。

妊娠初期にママのお腹の中では、赤ちゃんは急激に成長していきます。
小さな心拍が確認できたと思ったら、次から次へと臓器の元となる細胞が作り出され、
あっという間に小さな人間の姿になっていくんです!

これって本当に神秘的なんですよね!妊婦検診でエコーを見るたびにとても感動します。

妊娠が判明した時には、チカチカと光る星のような心拍しか確認できないのに、
次の検診では心臓や肺が確認できたり、次の検診ではあっという間に人間の姿になっている、
小指程の小さな小さなわが子の姿を確認できるようになるんです!

これだけ急速にお腹の中で成長する赤ちゃん、赤ちゃんを成長させる為に、
ママの体も今までにないくらいフル活動してるんです。

さらに赤ちゃんを成長させる為に、多くの葉酸とママの血液が使われます。
葉酸には細胞を作り出す働きだけでなく、造血作用があるので、
妊娠初期には貧血に陥る妊婦さんが増えます。

しかし妊娠初期には、貧血よりも悪阻の症状の方がひどく、
貧血症状に気づかない妊婦さんもけっこういるんですよね。
妊娠初期には頑張って意識して葉酸を沢山摂取するようにしましょう。

さらに葉酸不足は貧血や赤ちゃんの成長に影響を与えるだけではなく、
ママの免疫や消化器の機能を低下させてしまうので
妊娠初期の葉酸不足には注意が必要なんですね。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る