日本女性の葉酸不足は食の欧米化が原因?!

最近注目を浴びている葉酸!妊娠中や妊娠を望む女性、
さらには授乳中の女性にも欠かせない栄養素と言われている葉酸なんですが、
体への吸収率が悪く、普段の食事からだけではなかなか推奨されている量を
体に取り入れる事が難しい栄養素だという話はこれまでになんどもしてきました。

食事からではなかなか必要量を摂取しにくいこの葉酸、
しかしあまりに不足してしまうと健康な赤ちゃんの成長を妨げてしまったり、
障害児の出生率を下げてくれる効果がある本当に重要な栄養素!
その為最近では食事だけではなくサプリからも葉酸を摂取するように!
というのが当たり前になってきているんですよね。

葉酸サプリ+食事がベストな葉酸の摂取方法だという事も
何度もお話してきましたが、どうして葉酸サプリが必須になってきているのか??
昔はこんなにサプリい頼らずとも葉酸を摂取できていたのか??
って少し不思議な所ではありますよね。

現代女性の葉酸不足の原因としてあげられる理由が2つあるんですが、
まず1つ目は野菜自体の栄養素の含有率が低下しているという事!
物があふれている今の日本では農薬を使ったり、人工肥料を使ったり、
ハウス栽培を行ったりして季節に関係なくいつでも同じ野菜を買う事ができます!

しかし普通は野菜も旬の時期をいうものがあって、
本来は1年中食べられるものではありません!
農薬や肥料、ハウス栽培といった便利なものが増えてきていますが、
その分天然の土や太陽から得られるはずの天然の栄養素が野菜にいきわたらない!
という事態が発生してきているんですね。
その為昔を同じかそれ以上の野菜を食べていてもどうしても葉酸が不足してしまう。
という事があるんですね。

そしてもう1つの理由として挙げられるのが食の欧米化!
もともと日本は諸外国に比べて粗食で野菜や魚中心の生活で、
緑黄色野菜や大豆などを自然を口にする機会がおおい人種です。

しかし最近では肉やパンなどの中心とした欧米スタイルの食事が増え、
野菜を摂る機会や大豆製品を摂る機会が減ってきてしまっているといわれています。

さらにこの食の欧米化は女性の社会進出が進み、
ゆっくりと自炊をする時間が減り、どうしても外食に頼ってしまう生活も
影響していると言われているんですね。

食の欧米化や野菜の栄養減少だけが葉酸不足の要因とは言い切れませんが、
葉酸サプリにと頼るだけではなく、日々の食事を見直して、
和食中心の食事を心がけるのも素敵な妊娠生活を送る上で大切なんじゃないでしょうか??

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る