葉酸サプリの過剰摂取と喘息の関係

前にも少しお話した事がありますが、妊娠、授乳中に欠かせない栄養素の葉酸ですが、
その一報で葉酸サプリによる葉酸の過剰摂取はママの体に吐き気やむくみなどの
副作用が出てしまう可能性があるだけではなくて、
生まれてくる赤ちゃんが喘息になってしまう確率もあげてしまうんだ!
というお話をした事があると思います。

私自信この葉酸サプリの過剰摂取と喘息の関係がとても気になったので、
ちょっと詳しく調べてみました。
実際にどれぐらい摂取すると喘息になってしまう率が上がるのか
やっぱり皆さんも気になっていると思うのでこれからお話していきたいと思います。

この葉酸の過剰摂取と喘息の関係についてはわりと最近の研究で明らかになった事で、
その研究結果によると、妊娠初期に1日1mg以上の葉酸を摂取していると、
1歳半までに喘息になる確率が30%高まる!という内容なんですね。

ちなみに日本の厚生労働省が推奨している妊娠初期の女性の葉酸摂取量は、
1日当たり0.4mgなので1mgというと基準の倍以上になりますね。

ただしこの厚生労働省基準の0.4mgというのは、
あくまでもサプリなどの栄養補助食品からの摂取量であって、
サプリで0.4mg摂取してプラスで食事から葉酸を摂取する分には、
健康や喘息には影響はないと言われています。

つまりはサプリで0.4mgと食事から0.6mgを摂取しても、
特に喘息に影響はない!という事が言われていますが、
一方ではサプリ+食事であっても1日の総摂取量が1mgを越えるのはよくない!
という意見もあります。

葉酸は水溶性のビタミンと言われていて、体に不必要な分は、
尿として体外に排出されると言われているので、
食事からの過剰摂取という事はなかなかないとは思うんですが、
やっぱり心配になってしまいますよね。

心配な人は葉酸のサプリを飲んでいる期間は葉酸の含有量の多い、
レバーなどの食材をあまり大量に食べるのはやめておいた方がいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る